注文住宅購入講座

温度差の無いバリアフリーの住宅は基礎設計から考える べし!

はじめに

バリアフリー住宅とは、年をとっても自立して生き生きと暮らせるよう、様々な配慮を施した住宅です。

手すりや背もたれなども重要な補助設備ですが、注文住宅をオーダーされるみなさまにぜひご紹介したい住宅は「根本的なバリアフリー住宅」です。

それは、段差と温度差をなくした家の設計です。

今回は「温度差のない家」をご紹介します。

ヒートショックとは

温度差がある家は、高齢者に優しい家ではありません。

それどころか、命に係る事態を引き起こすこともあるのです。

例えば、冬の入浴時の脱衣場。暖房のきいたリビングを出て、寒い脱衣場に向かいます。

真冬であればリビングと脱衣場は10度以上の温度差があることも。

震えながら衣服を脱いで、さらに体温は低くなります。

このとき血圧が急激に上昇し、脳卒中や心筋梗塞の原因となることがあるのです。

これをヒートショックといいます。

室内の場所では、トイレも同様の危険性があります。

暖房設備のないトイレでの用足しはやはり急激な血圧の変動をもたらし、失神などの原因となります。

断熱は重要

まずは建物全体の断熱効果を高めることが必須条件。

壁・床・天井にしっかりと断熱材を使用し、気密性の高い住宅とします。

これにより、夏の外気温や熱が家の中に入りづらく、冬は室内の熱が外部に逃げない家にすることができます。

断熱性能が高い家では、外壁に近い部分と家や部屋の中央部の温度が均一になりやすいものです。

冷暖房の効きもよく、光熱費も抑えられます。

そして、家全体の断熱がきいていると、冷暖房をつけているリビングなどの居室と、冷暖房がついていない廊下やトイレ、脱衣場・浴室との温度差も小さくなります。ヒートショックの危険性が緩和できます。

家の間取りや家具などは建てた後から手を入れることも簡単ですが、断熱は後から補強するのは大仕事。新築時にコストと手間をかける価値のある部分といえます。

窓の断熱性能の確認

外気温の影響を受けやすい設備は窓。外壁の面積のうち大きな割合を占めるのも窓です。温度差の解消を考えたとき、窓の断熱性能は重要です。

平成22年に改正された「窓等の断熱性能に係る情報提供に関するガイドライン」に基づき、平成23年4月1日より窓の断熱性能表示が変更されました。

星の数が多いほど断熱性能が高い建材です。

お好みのデザインの選択とあわせ、断熱性能も確認しましょう。

浴室周りに適した暖房設備とは

断熱を万全にしたとはいえ、浴室とトイレはヒートショックの危険が高い箇所です。暖房設備は整えておきたいもの。

特に浴室と脱衣場は使用する時間が1日のうちのほんの少しの時間帯となる場所です。

一時的に急速に暖まる暖房器具がマッチする空間といえます。

そして、脱衣場は狭いスペースであるご家庭が一般的なので、コンパクトな暖房器具であることが必須条件。

また、夏場は使いませんから持ち運びできる暖房器具であれば尚良し。

うっかり触ってもやけどしない設備が良いので、電気式のファンヒーターなどがうってつけです。

となれば、脱衣場には冬場のヒーターのためにコンセントを設置し、できれば脱衣場内にヒーターの収納場所があればOK。

浴室内では、浴室暖房はやはりおすすめ。

乾燥機能もついていますので、浴室を清潔に保つこともできますし、急ぎの洗濯物を乾かすこともできます。

脱衣場まで暖める2室暖房タイプもあります。

トイレの暖房設備は

小型のファンヒーターでは、人感センサーがついているものもあります。

これをトイレに設置すると、入れば自動で暖め、人が居なくなれば停止します。

トイレの中にもファンヒーター用のコンセントを作っておけばいつでも設置することができます。

ただし、トイレは浴室と異なり、いつ使用するか決まっていない場所です。

なので、床暖房を選択して家族の誰かが在宅している時間は暖めるようにタイマーをセットしておいても良いかもしれません。

断熱が効いた家であれば床暖房の効果は高く、切った後でも長い時間持続します。

まとめ

基礎設計からのバリアフリー住宅の、温度差問題についてお話してきました。

  • 建物全体の断熱にはコストと手間をかけよう
  • 窓の選択は断熱性能を重視!
  • それでも浴室周りとトイレの暖房は設置しよう

総務省統計局の平成25年住宅・土地統計調査では、持ち家全体の65.7%に高齢者等のための設備があり、その数は2,114万戸。

借家では、借家全体の29.2%である541万戸に留まります。

設備の内訳をみても、持ち家は借家をいずれも上回っています。

バリアフリー住宅が必要となったとき、適切な借家を借りようとすると、かなりの競争率となることが予想されます。

ことに温度差の問題をクリアした物件は見つけることも難しいかもしれません。

注文住宅であれば、温度差のない、本当の意味でのバリアフリー住宅が確保できるのです。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="811,1358"]

関連記事

  1. バリアフリー住宅の仕上げは介護保険サービスを活用!

  2. 高齢者に優しい家作りのコツとは段差と温度差をなくすこと!?

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP