住宅購入体験談

子供の成長も見据えた家族が仲良く暮らせる家作りの方法とは?

今だけではなく未来も見据えて家造り

家造りのプランを練っているとき、気を付けたことがあります。

それは今だけではなく、これから先の家族の変化を見据えて、家造りに臨むということです。

今はまだ小さい子供たちですが、すぐに中高生となって思春期の難しい年頃に突入します。

そしてそのまま大学進学や就職、結婚を機に家を出てしまう可能性が高く、夫婦二人の生活が始まります。

まだまだ遠い未来ですが、家は一生物です。

先の状況も見据えて、その時々で家族が仲良く暮らせるような家にできたらいいなと思いました。

LDKに勉強スペース

子ども部屋は2階に作ったんですが、小さいうちは1階で勉強してほしいと思って、勉強スペースをLDKの端に作りました。3人で座れるくらいのカウンター机です。

小学校の娘が帰ってきて宿題をするんですが、分からない部分があるたびに2階まで呼ばれるんじゃ、こっちも大変ですよね。

実際に暮らし始めてからも、勉強スペースはとても便利です。

ご飯の支度をしていても、すぐに質問に答えてあげることができるので、宿題の進みもスムーズです。

下の子はよくそこで、お絵かきをしています。

以前のアパートでは、ダイニングテーブルで、書き物をさせていたんです。

その頃は捨て損ねた消しゴムのカスが残っていたり、お絵かきのペンやクレヨンが机にはみ出したりもしていて、汚いなぁと感じることがありました。

食べる場と書き物をする場をきっちり分けた方が、住んでいて気持ちいいですね。

このスペースは子供たちが使っていないときは、アイロンをかけたりミシンをしたり、私の家事スペースとして活躍しています。

子どもたちの成長後は、パソコンスペースとして活用できたらいいなと計画中です。

子ども部屋はできるだけ狭く

うちは姉と弟なので、子ども部屋は2つ作りました。

子どもが小さい今は、私の目の届く1階で過ごすので、寝るためだけの部屋です。

中高生になった頃は、勉強して寝るためだけの部屋であってほしいと考えています。

それ以外の空き時間は1階のLDKで、家族で過ごしてほしいという希望があるんです。

同じ部屋で過ごしていれば、思春期の子どもの様子を見れて、変化にも気付けるのかなと思っています。

引きこもり防止策として、ベッドと机を置くくらいの狭めの部屋にして、テレビ端子やエアコンもとりつけず、あえて居心地悪めに仕上げてあります(笑)。

子どもが結婚で独立した後の、部屋の利用についても考えました。

夫婦二人なのに部屋だけ多いのも困りますよね。

うちの場合は子供部屋を並べて作ったんですが、この2部屋の間の壁を後々取り外せるように作ってもらっています。

子供の独立後は、1部屋にして広々利用する予定です。

そのために2部屋は何も備え付け家具を置きませんでした。

設計担当者にはクローゼットや勉強机などの備え付け家具の話をいただいたんですが、全てお断りしておきました。

階段の位置も引きこもり防止を第一に

階段の位置は迷ったんですが、LDKに設置しました。

中高生になった子どもが学校から帰って、顔も見せずに自分の部屋に引きこもるという話を聞いたからです。

まだ先の話なんですが、そうなったら悲しいですよね。

LDKに設置することで必ず顔を見せないと、自分の部屋には行けなくしました。

遊びに来る友達ともあいさつができるのは安心ですよね。

備えあれば憂いなし的に思っています。

飾り棚を多めに設置

うちは飾り棚を多く設置しています。

これは子供たちが学校や幼稚園から持ち帰った作品を飾るスペースです。

その季節にあわせた作品をちょくちょく持ち帰ってくれるので、ここに飾ってあります。

子どもの作品は見ていて気持ちが暖かくなりますよね。

これまでは置き場がないので、すぐにしまい込んだりしていたんですが、今の家では癒されています。

子どもの成長後は元の役目に戻り、インテリアを飾る場となるんでしょうね。

キッチンは家族で作業ができるように

子どもってお手伝いが大好きですよね。料理のお手伝いは特に喜んでやります。

これまでのアパートのキッチンは狭くて危なかったので、今の家ではフルフラットのオープンキッチンを採用しました。1面だけ壁についたペニンシュラキッチンです。

キッチン台を取り囲んで数人で作業ができるので、広々と使えて気に入っています。

皿の置き場がない!と困ることもないので、本当に便利ですよ。

今は子供たちは遊びがてらのお手伝いでキッチンを使っていますが、将来的には娘と一緒に料理ができたらいいなぁと思っています。

オープンキッチンは散らかっているのが丸見えになるデメリットがあると言われていますね。

でも実際に使ってみると、そんなに気になりません。

最近のキッチンの収納力はすごいんですよね。

キッチン用品も料理に使う調味料も、全て収納するスペースを十分に備えてあります。

物の置き場がきちんと準備されているので、問題なく簡単に片付けることができますよ。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="1566,1358,1184,915,925,470,1564"]

関連記事

  1. 住宅設備のトイレは一番たいせつな場所なので心地よく過ごしたい

  2. あって良かった住宅設備「浴室暖房乾燥機」

  3. 住宅設備の中でもお風呂の機能性は非常に重要なポイント!

  4. パパやママそれぞれにリラックスできる間取りがオススメ!

  5. ハウスメーカー選びと営業マン選びを重要視した理由とは?

  6. 大変だけど後悔しないように決めたい理想の土地探し

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP