土地の選び方

土地を選ぶ際の現地で確認すべきポイントとは?

はじめに

不動産を買うことは、一生に何度もあることではありません。

なかでも建売住宅やマンションと違って、一から土地を買って家を建てるとなると、土地探しからハウスメーカー選びまで、結構手間がかかります。

家を建てるための法律など、ある程度の知識も必要です。

見方を変えれば、モデルルームや設備の豪華さに惑わされず、じっくりと不動産自体を見る良い機会にもなります。

不動産の特徴は同じものが存在しないこと。

そのため「お得な土地です。急がないとなくなります」と契約を急かしてくる業者もいるでしょう。

完璧な土地はありませんが、「譲れる」「譲れない」ラインをはっきりさせてみていくことをオススメします。

土地の「顔」をよく見よう

まずは土地の形、日当たり、駐車場を作った場合の車の止めやすさなど、希望の家を想像しながら、基本的なことを確認します。

気をつけたいのが、高低差がある土地や斜面に建っている土地です。

盛り土などをしないと建築できないケースがあり、建設費用がかさむとともに、場合によっては災害の可能性が高くなるからです。

日照は時間を変えて訪れることで、ある程度把握可能です。

周囲に「建築計画のお知らせ」という看板があればチェックします。

自宅を建てた後にすぐ、隣に高いビルが出来てしまった、ということもあるからです。

周辺環境の調査

次に土地周辺の地図を確認します。

最寄りの交通機関からの所要時間はもちろん、騒音や振動、公園の有無、最寄りのスーパーや医療機関はどこかチェックします。

実際に歩いてみるとわかることも多いです。

近隣に風俗施設がないか、悪臭を放つ工場がないか、地図から読み取れないこともあるのです。

周辺の電柱が傾いていて、地盤に問題があることが見て取れる場所もあります。

時間も変えて訪れると良いでしょう。

昼間は賑やかなのに、夜は人が少なく街灯もなくて怖かったり、昼間は工場が作業していて騒音がうるさかったりする場合も。自宅の前の道路が抜け道になっていて、特定の時間になると交通量が増えるケースもあります。

通勤・通学経路は実際に歩いてみます。

坂が多く通勤に苦労したり、通学路に交通量の多い幹線道路がないかを見てみます。

近隣の人に聞いてみよう(常識の範囲内で)

引越した後に悩まされるのが、近隣住民とのトラブルです。

中には隣家がゴミ屋敷で悪臭があったり、近所に野良猫が多く、家を建てたら自宅庭が猫のトイレだった、という笑えないケースもあります。

隣の家で何十匹も犬を飼っていて、ほえ声に悩まされる、という話も聞きます。

できたら近隣の人に「この土地を買いたいと思っているのですが」と事情を話し、率直な意見を聞いてみると良いでしょう。

ゴミ置場の場所もできたら見ておきます。ごみ捨て場の管理状況を見ると、近隣住民のモラルもある程度予想がつきます。

可能なら、過去に豪雨で浸水したり、崖崩れが起きたりしていないかということも聞きます。

浸水するのは土地が低い場所なので、長く住んでいる人は大雨の時に浸水する場所を知っています。

まとめ

良い土地の見分け方の基本は、まず自分の目で確認するところからスタートです。

確認すると言っても、晴れた日の日中に確認するのではなく、時間帯ををずらしたり、天候の悪い日を選んで確認してみたりといったことが重要です。

一生住む土地になることがほとんどなので、ここは手間隙かけて確認していくようにしていきましょう。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="811"]

関連記事

  1. 気になる土地のチェックポイントはこれ!

  2. 土地購入前に分かるその土地の雰囲気や隣人の見るべきポイント!

  3. 地盤調査員が知る失敗しない地盤改良リスクを減らす土地の選び方

  4. 絶対に買ってはいけない土地の条件とは?

  5. 失敗しない良い土地選びの応用編教えます!

  6. その土地の書類からでも分かることとは?

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP