住宅ローン講座

フラット35の「機構団信」をおすすめできない理由とは!

はじめに

契約者に死亡など万一のことがあったときに、住宅ローンの残債を保障してくれる団体信用生命保険、略して「団信」。

この団信の存在によって、遺族が路頭に迷うという事態は回避することができます。

ところで、この団信の保険料はほとんどすべての金融機関において無料(金融機関側が負担)なのですが、フラット35においては契約者側が負担しなければなりません。

今回は、フラット35のための団信「機構団信」について、解説いたします!

機構団信の保険料は金利0.3%に相当

フラット35は政府機関である住宅金融支援機構が提供する住宅ローンです。

このためか、団信保険料はローン契約者が負担しなければなりません。

ただしこの機構団信への加入は任意で、ローン契約者が希望しないなら加入しなくても良いのです。

このため、民間金融機関では健康上の理由などによってローン審査ではなく団信の審査に落ちて契約できないということがありますが、そんな人でもフラット35でなら契約できます。

とはいえ遺族を守る団信ですから、そんな特別な事情がない限り、加入しないという選択肢はなかなか選びづらいですよね。

また、機構団信に加入できるタイミングはフラット35契約時のみで、その後は一度退会すると二度と再加入できないというルールもあります。

というわけで、フラット35を契約する人は、あまり何も考えずに機構団信も一緒に申し込むのではないでしょうか。

しかし、機構団信の保険料は金利にして0.3%に相当します。これはなかなかな負担額。

できることなら節約したいものです。

非常識な機構団信保険料

機構団信の保険料は、住宅金融支援機構のHPからシミュレーションできます。

今回は試しに、3000万円を金利1%で、30年間の元利均等返済でローン契約するとします。

この場合、30年間の機構団信保険料は合計172万8100円、初年度保険料は10万7300円となります。

やはり無視できない金額ですね。なお保険料はローン残高に比例しますので、ローンを返済するにつれてだんだんと減っていきます。

…。

保険にお詳しい人なら、以上の説明のおかしさにお気づきかもしれませんね。

おかしいですよね。

だって、保険なのに「年齢」という試算条件が入っていません。

保険というものは、保険金支払いのリスクが高いほど、保険料が高額になるものです。

そして、死亡確率は年齢によって大きく左右されます。

年齢にかかわらず保険料が一定額の機構団信の保険料は、非常識だと言わざるを得ません。

機構団信は収入保障保険で代用しよう

この機構団信、実は生命保険会社の提供する保険商品で代用でるのです。

生命保険にもいろいろあるのですが、その中でも収入保障保険(家族収入保険)は、契約者(被保険者)に万一の場合、それ以後一定期間年金を遺族に支払うというもの契約期間をローン借入期間、年金保険額を毎月返済額に設定することで、団信の代わりになります。

ちなみに、上記「3000万円を金利1%で30年間元利均等返済」をした場合、毎月の返済額は9万6491円になります。

サバを読んで10万円としましょう。今回は一例を挙げるにとどめますが、T&Dフィナンシャル生命の『家計にやさしい収入保障』で、年金保険額10万円、保険期間30年間として、非喫煙健康体の男性の保険料を試算します。

契約年齢

30歳

35歳

40歳

月額保険料

2260円

3210円

4780円

年間保険料

2万7120円

3万8520円

5万7360円

総支払保険料

81万3600円

115万5600円

172万800円

いかがでしょうか?30歳や35歳では圧倒的、40歳まではこちらの保険を採用したほうが機構団信よりも有利です。

それに保険期間中は同じ保険料ですので、保障金額が多い初期の支出が抑えられるのもうれしいですね。

その分で繰り上げ返済できれば、効果は何重にもなりそうです。

まとめ

  • フラット35の機構団信は、任意加入だが返済額とは別に保険料が必要。
  • 機構団信保険料は金利にして0.3%に相当する。
  • 機構団信は収入保障保険で代用可能。
  • 契約時に若いほど、また健康体であればよりいっそう、機構団信は不利である。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="1201,1307,1346"]

関連記事

  1. 進められた住宅ローンをそのまま契約してはいけない理由とは?

  2. 手持ち資金のもう一つの使い方、今こそ借り換えのチャンス!

  3. 団信に○大疾病保障はつけるべき?実は支払い条件をよく読むと?

  4. 銀行がイチ押しの期間固定金利の罠!?よく理解して選択すべき!

  5. フラット35をさらにお得に利用する方法とは?

  6. 今がチャンス!お得度が急上昇中の全期間固定金利を選ぶべし!!

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP