注文住宅購入講座

満足できる間取りを作り出す方法とは?

はじめに

注文住宅を立てる際の一番の気合が入るポイントである間取りについてアドバイスします。

インテリア雑誌や建築雑誌を読んで憧れを膨らまして、さぁいざ間取りを考えるとなったときに何から考えていいか悩みますよね。

いい間取りへの第一歩は、オーソドックスな間取りからスタートしてください。

そこから現在住んでいる住まいへの不満を解決し、必要な収納量を確保することで満足できる家につながります。

転売するならオーソドックスな間取り

注文住宅だからこそ、夢を叶えようと張り切るものですが、今まで見たことのない間取りにするのはあまりおすすめできません。

例えば、廊下からアクセスできない部屋があったり、玄関が極端に狭すぎたり、部屋が四畳半以下で狭すぎたりということがあげられます。

おすすめしない理由はそのような特殊な間取りであると、いざ賃貸にまわしたり、売却が上手くいかない可能性があります。

注文住宅を建てるにあたり、将来売る可能があると考えることはとても悲しいことですが、万が一のことも考えて間取りを決定しましょう。

実はオーソドックスのほうが高く売れるというのは車でも一緒です。

中古で売るときに、シルバーや白・黒のベーシック色とその他の色では明確に価格差があり、ベーシックな色のほうが高く売れます。

昔のような土地付きの一戸建てがゴールという世の中からは変化しています。

子育て時期は郊外の広い家で車を所有し、のびのび子供を育ててることが良いと考えますが、子供が巣立ってからは電車で移動できる都心のマンションに移り済むというライフスタイルがいいなと思うことも出てきます。

将来の家の売却も視野に入れて、ベーシックに見えるぐらいの間取りで家を建てることををおすすめします。

間取りの使い勝手としても、設計士が作った間取りは長年の経験から考えられたものですので、あまり複雑な間取りを依頼しない方が良いでしょう。

こだわりのであれば、家具やインテリア、床材、水廻り設備に向けると良いです。

日々の生活でも居心地のいい家になります。

今の家の不満は?

間取りを考えるにあたって、参考になるのは今住んでいる住まいです。

今住んでいる住まいで何が不満か、こうだったらいいのにと思っていることを探しましょう。

メモをしておいて、新しい住まいを見るときのチェックポイントにすることで満足できる住まいにつながります。

メモ例

  • リビングには色んなものが溢れていてくつろげない。
  • 寒くてお風呂が苦手、トイレが寒い。
  • 外の音が気になる。
  • 西日が眩しい。
  • 夫婦で料理するには狭い
  • バスタオルをしまう場所がない、バスマットを干す場所がない

どんな些細なことでもいいので、気になったことは書き出しておきましょう。

日常の生活がちょっと快適になるだけですが、注文住宅への満足度は格段に高まります。

収納、収納場所

収納の満足度は、住んでからの満足度に直結します。

どんなにかっこいい家を作っていても、収納がきちんとできないと住めない家になります。

よく言われるのは、面積の10%を収納の面積にすることです。

しかし120㎡の家で12㎡の納戸を1部屋用意しただけでは使いやすい家にはなりません。

適材適所の収納で使いやすい家になります。

リビング収納やウォークインクローゼットにこだわる場合が多いですが、ぜひ玄関と洗面脱衣室にもこだわってください。

玄関に収納するのは靴だけではありません。外出するための鞄やコートを置く場所があると便利です。

ベビーカー置き場も配慮してください。

靴箱の他に、土間収納やシューズインクローゼットがあると、

  • ベビーカー
  • コートがけ
  • ゴルフバッグ
  • 折りたたみ自転車

などが入ります。

洗面脱衣室には、洗面台と洗濯機の2つを配置します。

ここに、タオル、バスタオル、着替えの下着、バスマット干し、洗濯用の洗剤置き、これを置けるようにしておくと日々の生活で動線が短くなり劇的に使いやすくなります。

面積に余裕がある場合には、洗面室と脱衣室を分けてはいかがでしょうか。

年頃の娘がお風呂に入っていても、お父さんは歯磨きができます。

まとめ

いかがでしたか。

失敗しない注文住宅を建てる際には、まずはとても普通と言われるオーソドックスな間取りからスタートしましょう。

そして現在の住まいの不満を解決することと、収納を適材適所に配置することが本当の満足度につながるポイントになります。

ぜひ参考にしてみてください。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="811,1358"]

関連記事

  1. リビングと浴室を1階に配置するのは本当に正解なのか?

  2. 家族の仲がよくなるダイニングキッチンの作り方とは?

  3. 適材適所の部屋別収納とは?

  4. 一級建築士が教える将来を見据えた家の作り方

  5. 失敗しない間取りのコツは生活動線から検討すること!

  6. 和室って必要?必要ない部屋なの?和室を作る理由って何?

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP