住宅購入体験談

家作り失敗談:建築会社選び編 Vol.04

[voice icon=”http://43housing.net/wp-content/uploads/2016/07/3d549047751639d1a7de0d63b56c6653.png” name=”サポーター” type=”r big”]

建築業者選びの失敗談 第4段です。この手の体験談は非常に多く寄せられます。是非参考にして、自分達の家作りに役立ててください。

[/voice]

埼玉県で家を建てた方の体験談:ハンドメイドが良いとは限らない

[voice icon=”http://43housing.net/wp-content/uploads/2016/06/112849b.png” name=”男性の方” type=”l big”]

  • 建築業者 :ハウスメーカー
  • 土地の価格:約1200万円
  • 住宅の価格:約1800万円

住宅をどうせ購入するのなら自分が好きな拘った住宅を建てたいと思うのが一般的ですよね。

ですが費用的な理由もあり、どこかを多少なり妥協して住宅選びをする方も多いと思います。

私の場合はとにかく住宅自体に拘りたいという思いがありまして、交通の便等よりも費用を比較的抑えた中で、多少なりとも広い土地を探し、住宅自体にお金をかけました。

具体的には私が注文したハウスメーカーは全て手作りというのをコンセプトとしている会社でして、他の会社では到底やってくれないという内容も対応して頂けるというハウスメーカーでした。

ハンドメイドの家具であったり、無垢材の床材であったり、薪ストーブをつけたりと、とにかくハンドメイドをメインに住宅を建てました。

一見これだけを見ると特段問題が無いようにに思えますし、むしろ全て手作りの拘った家造りなんて理想的だと思うかもしれませんが、これが意外な落とし穴として失敗した理由なのです。

どんなものにでも当てはまる法則だとは思いますが、拘りというものは、基本的にその場所にその1点しか存在しないという事です。

もしかしたらそれを参考にして別の家で似たようなものを作成している事があるのかもしれませんが、購入する側が拘って大きさや高さ等を伝えるので、全く同じ家ができるという事にはなりにくいのが実情だと思います。

いったいそれの何が問題なのかといいますと、職人さんが慣れていないという事なのです。

普段その辺りでちょっと使用する様なものでしたら、多少のズレや多少の間違いがあっても問題ありませんし、むしろ自分がお願いしたものを何となくでも近い形で作成してくれてありがたいと思うのですが、住宅になると話が全く違ってきます。

自分が何千万円というお金をかけてお願いする住宅なので、職人さんのちょっとした手違いや、こちらがお願いした完成図と違っていたりすると非常に困るわけです。

伝えていた様に設計してくれないのであるならば、このハウスメーカーを選んだ意味が無いのです。

ですが、全て手作りという事はどうしても個人の価値観といいますか、その職人さんの主観が出てきてしまうものなのです。

これがとても大きな失敗として現れてきます。

基本的に同じ仕様の家を毎回作成していれば、技術的なブレやバラつきも出にくいのでしょうが、私達がお願いしたみたいに、毎回ハンドメイドでその度に作成している様な住宅はどうしても普段からやっていない様な作業をお願いする形となってしまいます。

そのため、こちらがお願いした通りに完成しにくいですし、手直しや間違いが非常に多くなってしまうわけです。

こちらとしてもあまり何度も手直しをお願いするのも忍びないのですが、上記でも書きました通り、何千万もかけて購入するので妥協をしたくないという思いがあり、とにかく毎日気が気ではありませんでした。

冷静に考えれば、毎日同じものを造っている人に同じものをお願いする事以上に安定しているものはありませんよね。

これが自分の拘りのせいで気がつきませんでした。

とにかく注文住宅で拘った家造りをしたいという思いしかありませんでしたが、実際に職人さんも人間なので、自分の拘りをピンポイントで理解して頂くのは難しく、結果唯一妥協したくなかった家造りでも妥協しないといけなくなってしまいました。

それ以外でも、ハンドメイドには弱点がありました。

それが無垢材という所です。

無垢材で床やドア等を作成してもらったという事で、受け渡しの時の説明で木が呼吸するので膨らんだり縮んだりといった動きをするという事でした。

その為、木と木の間で隙間が空いたり、ドアがつっかえたりといった事が置きやすいと説明を受けたのですが、正直そんな事は一応の注意事項だと思っていたら、ある日ドアを開ける時につっかえる様になりました。

普通に開けようとしても途中で止まってしまうのです。

無理やり開けてしまったら床を傷つけてしまいますので、とにかく大変でした。

それ以外でも、トイレの鍵が開かないといったことも起こりました。

この住宅メーカーでは、トイレもハンドメイドとして普通の鍵とは違った鍵のタイプだったのですが、取っ手が動かなくなり、トイレを開ける事ができなくなりました。

急いでハウスメーカーを読んで対応してもらった事があります。

正直ここまでハンドメイドでの家造りが誤作動といいますか、理想とかけ離れていたとは想像していませんでした。

どんなに拘っていたとしても、自分の理想通りにならなければあまり意味が無いですし、普通に住んでいて生活に困ってしまう様な事が起きてしまうのも正直予想外でした。

誰もが家造りでは拘りたいという本音があると思いますが、私は実体験から家造りはとにかく住みやすさを重視した方が良いと感じました。[/voice]

総括

[voice icon=”http://43housing.net/wp-content/uploads/2016/07/3d549047751639d1a7de0d63b56c6653.png” name=”サポーター” type=”r big”]

う~ん、なかなか大変な思いをしている方もいらっしゃるようですね。

自分の思いをしっかり相手に伝えることって、簡単なようで非常に難しいところなので、ここは依頼主さも工夫をしながら相手に伝わるように努力していきたい点ですね。

家の機能としての不具合は、どちらかというと建築業者が雇っている大工のレベルに問題あるような気がしますね。ハンドメイドだから品質悪くなるわけではないですからね。

別の建築業者だった場合は、結果も変わってきたかもしれません。

いずれにせよ、しっかりと自分の目で建築業者は選んでいく必要があると思います。

[/voice]

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="470"]

関連記事

  1. お家造りのちょっとした失敗…これが毎日のプチストレス!?

  2. 我が家の欠点。それは吹き抜け。皆さんも気をつけて!!

  3. 外構プランで失敗だった点。最後で疲れていても手を抜かないこと!

  4. 実際に住み始めて感じた失敗。わずかな手間を惜しむとこんなことに・・・

  5. 新築後すぐにリフォームすることになった注文住宅とは?

  6. 間取り検討は大丈夫?先人の失敗談から見直しをしてみましょう!

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP