土地の選び方

路地状敷地・旗竿地は実はお買い得?

はじめに

旗竿地・路地状敷地とは何か?

不動産を買う時に、最も望ましいのは四角い形をした「整形地」。

ところが、都会などでは、路地の先に土地が繋がっている「路地状敷地」「旗竿地」(旗ざおの形にそっくりなのでこう呼ばれます)が多いのです。

家を探していれば、大抵は一度や二度は目にする土地の形です。

密集地では土地を細かく分割するために、変形地が出てきてしまうのです。

不動産用語では敷地延長というこれらの物件。

整形地より安い価格で取引されています。

昔は「絶対に買ってはダメ」という人もいたくらいですが、そのメリット・デメリットは何でしょうか?

まずはデメリットから見ていきましょう。

デメリット

再建築できるか?

もっとも気をつける点は、通路部分が4メートル以上の道路に2メートル接しているか、ということです。

さらに通路状の部分が全て2メートルないといけません。

ない場合は最悪、建物自体が建てられなくなり、土地の価値は大幅に下がります。

建物を建てた後に隣地との間で境界争いが起きたりすると、いよいよ面倒です。

購入前には隣の人に立ち会ってもらい、あらかじめ杭などの境界標を打つなど、法律的に解決しておきましょう。

車が停めにくい・駐車場が作れない

通路部分が狭いため、縦列駐車しかできなかったり、車を停められなかったりします。

車が停めにくいということは、家族に介護が必要な場合や、重い荷物を運ぶ時にも不便です。

大きな家具の運び込みにも工夫が必要になります。

隣家と接近している

公道と接していないため、隣家がすぐ目の前に迫っていて、圧迫感があったり、日当たりや眺望が良くないことがあります。

建築する際には採光や通風をよく考える必要があります。

整備にお金がかかることも

路地部分に建物を建てることはできないのですが、通路にするにしても、コンクリートを敷くなど、整備にお金がかかります。

また、路地部分が長く、電柱を新たに建てないと電気が引けなかったり、上下水道を引いてくる必要があったりします。

建て替えにお金がかかる

重機を入れられない敷地では、取り壊しに費用がかかってしまいます。

リフォームにしても、トラックが入らなければ、手作業で資材を運ばなければならないため、建築費用が余計にかかります。

防災の観点から用途に制限がある場合も

複数人が宿泊するためのゲストハウスにしたい、という場合も注意が必要です。

間口が狭いため、避難経路が十分ではないという理由で、消防法上、許可が下りないケースがあるからです。

メリット

価格が安い

まず一番のメリットは整形地に比べて安いことです。

もちろん、安いのには上記のようなデメリットを含むからという理由があります。

他から見えにくい

道路の奥まった部分に家があるため、公道から見えにくく、プライバシーが保ちやすいという利点があります。

また、直接道路に面していないので、静かだという声もあります。

子供が飛び出さない

実際にお住いの方からは、道路に直接出ないので、子供が玄関から飛び出しにくいという声もありました。

まとめ

以上のように、デメリットの多い変形地。

しかし土地を探していると出会うケースの多い物件ですから、欠点をよく理解した上でなら購入するのもアリかもしれません。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="811"]

関連記事

  1. 土地の方角別メリットとは?南向きだけが良い土地ではない!?

  2. 角地はメリットばかりではない!?意外な落とし穴とは?

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP