全国の住環境

神奈川県相模原市の住環境:自分にあった住居環境を選択できる街

便利な生活環境を希望するなら相模原市中央区と南区

平成22年に政令指定都市になった神奈川県相模原市ですが、市内は中央区・南区・緑区の3つの区があります。

それぞれの区に特徴がありますが、主に通勤や通学に便利な交通面や日頃の買い物をはじめ、学校や病院といった子育てにも重要な環境が整った場所に住みたいと思うのであれば、中央区や南区が良いといえます。

共に住環境や近郊タイプといえる環境ですが、良い点は交通面や子育てに関する環境が整っている事が相模原市内でも人口が多い所から理解できると思います。

しかしながら悪い点もあります。

特に南区でも相模大野地区などは繁華街と言えるような商業地にもなっているために学校などはそろっているのですが、住居として考えるとマンションが主な選択肢になります。

一戸建ての新築や中古を考える事も可能ですが、その場合には南区や中央区でも駅からの距離が徒歩圏内というのは非常に難しくなります。

同じ相模原市内でも小田急線沿線や横浜線沿線の場合には土地価格も高くなかなか現実的な金額とは言えませんし、中でも相模大野駅周辺の場合には広い家に住むという感覚は一般の所得レベルでは難しいといえます。

中央区は市役所が存在する中心部でありますが、南区よりも人口は少な目で緑区ほどではありませんが、自然に近い環境での暮らしも期待できる地区になっています。

病院や学校などの子育て環境もさほど南区の中心部とも変わりはないので、バランス的には良い地区になります。

自然に囲まれた生活を望むなら相模原市緑区

神奈川県相模原市に住むならできるだけ都会的なところではなく、自然に囲まれた地域に住みたいというのであれば、緑区が良い地区になるといえます。

緑区でも橋本地区は南区の相模大野駅や中央区のJR相模原駅と同じように発展をしている街並みになていますが、城山地区から相模湖地区の方向に行けばかなり自然に囲まれた環境での生活ができるといえます。

自然に囲まれている住環境でありながら、相模縦貫道や中央自動車道のICがあるこれからも期待のできる地区になっています。

良い点として挙げられる事は、なんといっても自然の多い環境ですから教育方針が自然に囲まれた中での生活を希望しているご両親であれば、良い環境だといえると思います。

一方で悪い点もあります。

日頃の通勤や通学面において、城山地区や相模湖地区にも路線バスはありますが、渋滞もかなりありますし、距離的な事も考えると中央区や南区に比べると厳しいという見方ができます。

医療施設や学校も必要な施設はありますが、規模や水準などを考えるとやや開きがあるようになっています。

気候面においては、夏場は中央区や南区に比べると涼しいと言える場所も多くありますが、冬場になると相模原市の中でも特に雪が多い地区になるので、寒さや道路状況が悪い状況になる事も考えられます。

相模原市は3つの区によってそれぞれの大きな特徴がありますので、住居の選択の際には事前に自分の希望との合致を確認する事が良い環境での生活をおくるポイントになります。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="811,1358"]

関連記事

  1. 神奈川県川崎市中原区の住環境:とにかく便利でおすすめ!

  2. 神奈川県横須賀市の住環境:海と山。そしてレジャー街の多い街!

  3. 神奈川県鎌倉市大船の住環境:飲食店や娯楽施設が多い街

  4. 神奈川県横浜市青葉台の住環境:閑静な住宅街で落ち着いた暮らしを

  5. 神奈川県茅ヶ崎市の住環境:ビーチリゾートの街

  6. 神奈川県横浜市磯子区磯子の住環境:お店が多くて便利な街

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP