注文住宅購入講座

30年後も価値が下がりにくいスムストックとは?

はじめに

注文住宅を建てる上で、どんな建築会社で家を建てれば30年後も価値が下がらない住宅を建てることができるのかを紹介します。

構造や、保証など最初は取っ掛かりがなく、面倒に感じるかもしれません。

住んでからのことも考えると、少々間取りに不満があっても暮らせますが、雨漏りがしたり、地震で大きな被害を受けてしまうと住み続けることが難しくなります。

一生に一度!大事な家族の幸せのために建てる注文住宅です。

基本性能やアフターメンテナンスについても確認を怠らないようにしましょう。

特に性能部分は、旦那さん頼りとなる場合が多いので、男性の方要チェックです。

家の構造と基本性能

家の構造には、鉄骨系、2✕4、在来木造、コンクリート造とと色々な種類があります。

それぞれメリット/デメリットがあります。

色々構造がありますが、強度に関しては建築基準法で決められているので、その耐震強度が最低基準の何倍かで比較することができます。

最近では想定されていなかった大きな地震や暴風の台風が発生しています。

最低基準が決められていたのはおよそ30年前です。

今建てるとしたら、『耐震強度3』という最高のランクが安心できます。これは消防署などを建築するレベルと同じになります。

また基本性能で重視するところは、断熱性です。

断熱性についてもQ値という数値で比較が可能です。

この値は、家から熱が外に逃げる量を示しているので、数値が少ないほど熱が逃げにくく断熱性の高い家だといえます。

アフターメンテナンスと保証

比較が難しいのは、アフターメンテナンスと保証です。

最新の住宅は工場生産化が進んでいると言われていますが、やはり最終的には大工さんが仕上げるということは今も昔も変わっていません。

乾燥や湿度によって、壁クロスが多少剥がれることもありますし、大きな地震の場合には壁に亀裂が入る場合だってあります。

自然素材の床材を使った場合のメンテナンス方法に困るときもあります。

そういうことは住み始めてから発生するので、建てるときにはなかなか考えられません。

しかし安心して住み続けるためには依頼する建築会社が定期的に点検に来てくれるか、困ったときに親身になって聞いてくれる体制があるかどうかはとても重要です。

ドアの開閉が何となく重いとき、窓の開け閉めに音がする時、外壁の色が色褪せてきたとき、どんな些細なことでも依頼した建築会社とは一生お世話になるものです。

そのためにも定期的なアフターサービス体制があるか、ないかは建築会社を選定する上で大変重要は要素となります。

中には、ノーメンテナンスをうたっている施工会社もありますが、車が定期的に車検を受けないといけないのと同じで、住宅も定期的に検査を受けることで長く住み続けられる家になります。

##耐久性

耐久性についても確認が必要です。

『外壁の耐久期間は10年です。』

これは10年毎に外壁塗り直しでメンテナンスが必要なことを意味します。

外壁を塗り直すということは、家の周りに足場が必要になるため毎回100万円〜300万の出費になります。

これが20年耐久だったり、30年耐久であればメンテナンス代は低くなり、総合的には安くなる可能性があります。

木造の場合だと、床下部分に木が露出しているため、定期的なシロアリ対策も必要になってきます。

構造体、基礎、外壁、屋根については、地震に耐える、雨漏りしない、という住宅の基本的な要求性能を発揮する部分です。

最低でもその3つの耐久性については理解し、メンテナンスにいくらくらいかかるのか把握してから購入することをおすすめします。

スムストック

従来、日本の住宅は木造で、建てて20〜30年で家の価値は0になってしまうこともあり、解体し建て替えるのが普通でした。

しかしながら、これらから時代は限りある資源を大切にする住宅が求められています。

家を建て替えるのではなく、ヨーロッパのように長く住み続けられる家を建てて、きちんと価値を評価して必要に応じて売買したり、メンテナンスしたりして家を使い捨てではなく、ストック財にしようとする建て方です。

スムストックとは、長く住み続けられる家の条件を満たす住宅に対して、価値を与え適正に売買できるよう資格を与えている機関です。

一昔前までは土地付きの一戸建ては人生ゲームのゴールに例えられていましたが、今では通過点の1つとして考える人達がいます。

例えば、子育て世代の四人家族にとっては、郊外の土地付一戸建が理想だと考える人たちがいます。

駅から少々離れていても、車を持つことができて、庭が広く、子どもたち一人ひとりに部屋を与えることができるライフスタイルを重視している考え方です。

しかし子どもが巣立っていき、夫婦二人になってからも人生は続きます。

50歳で子供が独立した場合は、平均寿命である80歳過ぎまで30年間以上残っています。

夫婦二人の生活において2階建ての住宅は、使わない部屋も多くなり階段の昇降や掃除も日々大変になってきます。

子供が遊び回っていた庭は、雑草が生えるばかりで手入れに追われてしまいます。

また、車の運転に自信がなくなると車を手放したり、駅が遠いので、日々の買い物や病院通いにバスを使ったりと、外出が億劫になる可能性だってでてきます。

そうなってくると、老後は駅近のコンパクトなマンションに住みたいという気持ちがでてきます。

そのときに、住み替えのために家と土地の査定をした時、家の価値が0であるばかりか逆に家があることにより土地の価格が下がってしまうなんて悲しいですよね。

そんなときスムストック加盟の家だと、定期的にメンテナンスをしているので、家の価格を正当に評価してもらえます。

家と土地両方に価格がつくことで、老後のための中古マンションが購入できる可能性がでてきます。

また苦労して建てた愛着のある家を壊さずに使ってもらえることはとてもうれしいことです。

建築会社に依頼するとき、その建築会社がスムストックに加盟している会社か、あるいは30年後の住宅の価値について質問してみることは、その会社の家に対する姿勢がわかります。

まとめ

注文住宅を建てる会社を決める際には、家の価格、間取り、設計士を重視しがちですが、住んだあとのことを考えると、ずっと住み続けられる性能があるか、何かあってもメンテナンスサポートや保証をしてもらえるか会社なのかが、建築会社を選択する上でのとても重要なポイントになります。

またライフスタイルの変化によって家を手放す可能性があることも頭の片隅に置いて家の価値がどうなるかも考えて会社を決めていくことをおすすめします。

[colwrap] [col2][btn class="simple big"]関連記事[/btn][/col2] [col2][btn class="simple big"]ホームへ[/btn][/col2] [/colwrap]

[kanren postid="1566,1358,1184,915,925,470,1564"]

関連記事

  1. 将来も安心できる家作り!リフォームしやすい家とはどんな家?

  2. 美しい家を建てたければ外構を最初から検討しておくべし!

  3. 長持ちする家作りの作り方と、それを実践する考え方とは?

  4. 営業マンから引き出せ!知らないと損する住宅購入の優遇策

  5. 言わなきゃわからん!注文住宅は積極的なコミュニケーションがカギ!

  6. 建築会社との打ち合わせをスムーズに進めていくコツ教えます!

住宅ローンランキング

最近の記事

  1. 住宅ローン講座

  2. 注文住宅購入講座

  3. 住宅ローン講座

  4. 住宅購入体験談

  5. 住宅購入体験談

PAGE TOP